染谷修氏の手掛けてきた家屋

住所は埼玉県の主要都市から少し離れた川口市にある、一つの建築企業の名前を紹介します。社名は株式会社修和といいまして、住民からラブコールを受け自治体の事業に従った工事を実践している企業の一部です。土木・建築部門の発展を示唆して、川口市では協力を求めて数々の関連企業に事業参加の要請をしています。多くの業者が市の方針に賛成して、定住化を目指した建築物の増加に加担しています。染谷修氏は株式会社修和の代表となり、川口市民に信頼される住宅を作ることに従事してきました。修和の立てた住宅が、如何なる特徴を持っているのか紹介していきます。

染谷修氏が指揮する株式会社修和は、中規模でありながら川口市の建築企業全体に変革を起こす存在となっています。今更いうまでもないですが、ボロのない事業をするのが施工業者の求められる責任であり遵守すべき制約です。信じられないことに、最低限度のルールですら守れない業者がいるのには目を疑うしかありません。少なくとも、染谷修氏が主権となった修和の工事については、クライアントの意思が侵害されという報告は一切出ていません。過去に関係者からの告発 が出ていれば、今のように自治体から重要案件の業務を任されることはありません。つまり、街の行く末を決める建築工事が依頼される企業は信頼され、精度の高い仕事をするというステータスを示しています。修和の関わる仕事は、工事が中途で終わってしまうと大損害を招く案件が沢山あります。個人業者でもできてしまう事業は、染谷修氏の技術を証明するには不十分といえます。最大限の技術を駆使できる企業は、重要案件を同時にこなせる実力と行うべき責任があります。長年安定して住める住宅の建築は修和の目指す住宅であり、また市が目指す住宅でもあります。両者の利害が一致しているからこそ、高い精度の工事が実現しているのです。

住民を危機にさらす住宅は、自治体の求めるものではありません。市営であっても業者の管理下にある住宅でも、認識は変わりません。川口市に引っ越してきた人々には、早く街に溶け込み安住の地にしてもらいたいという自治体の願望が込められています。川口市で事業を開始してから、染谷修氏は住民を住民と街の結束力を高めることに貢献してきました。その証に、自然災害に潰れない丈夫な住宅を生み出してきた結果が全てを物語ります。市民の定住化が促進しているのは、染谷修氏が関わった工事が幾つもあるからです。その場限りの仕事をしない、最後まで事業に油断をしない、計画通りの実践に予断がないなど、これらの要因が重なって染谷修氏の作った住宅は長年劣化しない上質な物件となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. さまざまな技術の発達によって、少し前までは不可能だったプロモーションなども手軽に行えるようになりまし…
  2. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
  3. 千葉 ネイルをするのならば、新規の方でも安心の価格で受けられるNail Salon Marijuがお…
ページ上部へ戻る