日帰り温泉も楽しむ堀井太二

温泉マニアとして大学中で知られている堀井太二20歳。堀井太二といえば温泉、と他の学生たちは言います。日本各地の温泉を自分の愛車であるマウンテンバイクでどこでも走りまわります。どれだけ温泉が好きなのか…それは彼のブログを見ればわかります。これまで堀井太二が実際に訪れた温泉の情報を細かく掲載していますし、写真付きなのでとても情報が伝わりやすくなっています。ロックバレー温泉、タトパニ温泉、ゲッレールト温泉は特に彼が好きな温泉になっていて、日本だけではなく世界中の温泉に入っています。堀井太二は設備の整った大きな温泉だけはなく、地元の人しか知らないような小さな温泉でも入りにいきます。温泉と言うものが彼の日常生活の一部になっていて、そのために毎日学生として勉学に励んでいるといえるでしょう。

また、愛用しているマウンテンバイクも体の一部になっているのです。堀井太二が世界中の温泉を巡っている行為について、理由は何なのか。親しい友人たちも彼がなぜ世界中の温泉に興味を持つのか、理解できない部分もあるようです。彼が常に更新してるブログを拝見してみると、小さなことでも皆に伝えようと文字にして真剣に伝えようとしているのがわかりますし、同時に彼自身も本気で温泉が好きなんだということがわかります。温泉が無ければ、彼は学生生活を楽しく過ごせていけないのではないかと考えてしまう時もあります。マニアというのは、他にもいろいろありますが、こうして何かに執着してその知識を得ていく事はすすごく良いことだと思いますし、彼のように行動にすぐ移せるということに関してはとてもうらやましく思えます。

大学生で若干20歳の彼ですが、自分の世界観をしっかり持っていますし、それを人に無理に押し付けるようなこともしません。ブログを見てもらえばわかりますが、お勧めという感じではなく、各温泉の良いところや印象深かったところなどに関して少しでも多くの人に見てほしいという感じで書かれています。ロックバレー温泉、タトパニ温泉、ゲッレールト温泉などの温泉が彼の好きなところなのですが、このような温泉に関しても見落としがちな良い部分を、彼はしっかりと記憶して掲載しています。温泉に関していろいろな知識を持ち、その効果や効能などもしっかりと書き記していますのでブログを見た人は、温泉が好きになること間違いないと思います。彼の温泉好きも周囲の様々な人たちに理解してもらって、ブログで温泉の魅力を感じ取ってくれればいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 牧野奏子は現在フリーの美容関連のライターとして仕事をしています。もともと慶應義塾大学の文学部を卒業し…
  2. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  3. 一般社団法人東京産産婦人科医会の団体   一般社団法人の東京産婦人科医会は、日本の首都である東京都内…

アーカイブ

ページ上部へ戻る