生活を楽しめる廣瀬光伸

廣瀬光伸は学生時代にラグビーをしていました。彼は新潟県で1990年に生まれましたが、大学は日本体育大学に入学して、そこでラグビー部に入部したのです。スポーツをやっていただけあり、体つきはがっちりしています。身長はそれほど大きくはありませんが彼には力強いオーラがあります。誰もがそんな彼のことを好きだと答えます。スポーツが大好きと言うイメージがある廣瀬光伸ですが、意外にも趣味は映画鑑賞なのです。話に聞けば、これまで様々な映画を実際に映画館に行って観てきていますし、その内容も一つ一つしっかりと覚えています。廣瀬光伸は映画に関する話をするときは、ものすごく目が生き生きしていますし、身を前に乗り出す形で話をします。少年のように目を輝かせながら映画の話をする廣瀬光伸をみていると、よほど映画が好きなのだと思います。

もともと、視力はあまり良くなかったようで、眼鏡をしていないときには、少し目を細めて物や人を見ます。初めて彼を見た人はその体つきと目つきの悪さから怖い人だと感じた人も少なからずいるようです。しかし実際、廣瀬光伸は根はまじめですし、自分を頼ってくる人々には誠心誠意応えるような人間です。また、動物が大好きで自宅では犬を飼っています。

廣瀬光伸は、6人兄弟の末っ子として、この世に生をうけましたが、この末っ子ということが彼にとxはとても良い環境だったのかもしれません。日ごろから兄弟たちが両親、そして周りの大人とどのようにかかわっているのか観察して育った彼は人との間合いの取り方や、接し方、そして世渡りがとても上手なのです。兄弟が多ければ多いほど、そうした要領の良さと言うものが下の子に才能として培われるのだと思ってしまうほどです。大学を卒業して、職に就き、働き始めると慣れない仕事でも一生懸命にこなしています。また、その仕事にも誇りをもっているので、身に付くのがとても早いのです。スポーツをしていた人間と言うのは、上下関係や物事に対してのいい加減さなどがない人が多いのです。廣瀬光伸の仕事ぶりには上司も一目置いていました。

仕事も問題なくこなす廣瀬光伸が唯一普段の生活の中で不満に感じていたことは、体を十分に動かす時間がとれないことでした。そんな彼ですが、今では時間を見つけてはジム通いをしています。ラグビーをしていたこともあり、十分に出来上がった体をしているのですが、ジムに通うことで、またさらに体が引き締まってきていますし、体を動かすことができているせいか、以前よりも生き生きとしています。もちろん趣味である映画鑑賞も続けています。彼は生きていく中で様々な物事を楽しみながら生活しているようです。

廣瀬光伸とジムでの生活

向上心の強い廣瀬光伸。おかげでジムでも自分自身の新しい目標を見つけつつあるようです。それは体脂肪です。廣瀬光伸は大学時代ラグビーを行っていただけに、はた目からは素晴らしいがっちりとした体格の人間に見えます。決して太っているようには見えない廣瀬光伸ですが、本人的にはそれでもまだまだ納得出来ないようです。時間を見つけてジムに通うようになってからは、ジムの会員たちにも刺激を受けているようで筋肉量よりも体脂肪を減らす運動を重点的に行っているようです。

具体的には無酸素運動ではなく、有酸素運動です。廣瀬光伸もジムに通いたての頃は筋トレばかりを行っていたようですが、年齢からなのか、見た目には分からない部分として体脂肪が増えつつあると。ラグビーの現役時代は体脂肪は1桁だった廣瀬光伸からすれば、他の人からすれば普通の体脂肪でも気がすまないのでしょう。そのため、有酸素運動を多めに取り入れているようです。糖質等の燃焼効率も考えるのはさすがです。一方では有酸素運動ばかりでは自慢の筋肉を落としてしまうため、現状維持か少々のプラスアルファのために筋トレも行っているようです。

ジムのインストラクターと相談した結果、まずはウォームアップ。そして筋トレ。最後に有酸素運動を行うことで鍛えた筋肉をより引き締めつつ、脂肪も効率よく燃焼するとのこと。これは口で言うのは簡単ですが実際に試すとなるととても大変です。ましてや廣瀬光伸はアスリートのようにトレーニングだけで食べている人間ではありません。仕事を抱えつつ、ジムでこれだけストイックに自分自身の体を追い詰めているのです。ここまで出来るのは、結局は彼が自分自身の理想像を持っているからこそです。毎日を楽しみたいと言う気持ちはもちろんですが、理想の自分像を持っている廣瀬光伸なだけに、ジムでどうすれば理想の自分になれるのかを模索しているのでしょう。

また、ジムで体を鍛えるようになってからは映画もアクション映画を見る機会が増えたようです。それまではいろいろな映画を見ていたものの、アクション映画を見て俳優の素晴らしいボディーを見ては自分もあんなボディーになりたい。あれに負けないくらいのボディーになりたいと闘志を燃やしているようです。この話こそ廣瀬光伸らしい話です。このように、さまざまな形で自分自身を追い詰めるストイックな人間なだけに、彼は多くの人から信用されているのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. トヨタカローラ北越が考えていることはシンプルです。それはお客さまさまの満足度です。ただこれだけなので…
  2. 多々ある錦糸町 美容室の中でも、オススメといえばape's Queenです。なぜ高い人気を集めている…
  3. 大淵裕昭は大学卒業後は東京の企業に就職して仕事をしながら生活をしたいと思っていました。しかし彼は長男…

アーカイブ

ページ上部へ戻る